2021年07月22日

月山の夏山を満喫する人

チングルマを撮ってからリフト上駅へ戻って近くで休んでいると、いろいろなファッションで夏山を満喫する人が歩いて行きます。

この2本の竹はストック代わりなのでしょう。
かなり山慣れしている人ですな。
頭上でトンボが歓迎飛行。
P7180097 (2)
 [山慣れ]

スノボに向かう元気な子供。
もうすでに何回も通っているようで、親よりも先にどんどん歩いて行きます。
P7180098 (2)
 [元気]

我が子の後を追う親。
おやおや、パパかママかどっちかな?
この時、まだ9:50でした。
全部クリックしてど~ぞ!
P7180101 (2)
 [その親]

urutorahurosu at 08:25|PermalinkComments(0)写真の話 

2021年07月21日

チングルマ咲く

そうそう、月山にはチングルマを見に来たのでした。
リフト上駅から少し歩いたそのあたりに、咲いていましたチングルマ。
P7180053 (2)
 [チングルマ]

高山植物の中では何となくですが一番好きかもしれません。
花びらが散って穂の状態になってもなかなかいいものです。
この辺は雪が多いので、湿地だけではなく岩場にも咲いています。
P7180086 (3)
 [可憐]

過去写真を見ていたら、偶然にもちょうど10年前の同じ日にこの場所に来ていました。
その時撮ったチングルマがこれ。
どっちの写真がいい写真かは一目瞭然。
300ミリの望遠レンズで撮ったようです。

小さな蜂も飛んできて、やはり10年前は撮る側にもエネルギーがありましたな。
その時は、確かこの先の雪渓の所まで足を延ばした記憶があります。
今はもうヘロヘロで、この場所でオワリ。
全部クリックしてど~ぞ!
2011-7-18月山 007 (2)
 [10年前]

urutorahurosu at 06:49|PermalinkComments(2)写真の話 

2021年07月20日

猛暑日の姥が岳雪渓

今日も猛暑日、37度くらいかな。
午後休みですがエアコンのお世話になっています。
夕方に床屋さんに行って、その後5時から飲みにしましょうか。

さて月山リフトに乗りながら姥が岳を見上げると、登山客が列をなして登っています。
たぶん自分より30分以上前にリフトに乗った人たちでしょう。
P7180032 (4)
  [姥が岳登山]

雪渓の上を白い霧が流れていますが、見ている分には涼しそうではあります。
P7180041 (2)
 [霧発生]

上駅から15分ほど歩いて行くと分岐点に休憩のベンチがあって、ここが自分の今回の散歩の目的地。
ここから姥が岳を見上げると、雪渓の幅の狭い場所を渡る人たちを撮ることができます。
このくらい近づくと、手持ちの望遠レンズでもかなりクリアな写真が撮れます。
P7180060 (2)
 [雪渓]

見るからに涼しそうではありますが、実際は強い日差しと紫外線で肌はジリジリ。
下駅の売店では日焼け止めを売っていました。
全部クリックしてど~ぞ!
P7180064 (2)
 [雪渓を渡る]



2021年07月19日

月山リフトから

いやいや暑くて熱帯夜ですね。
エアコンを入れっぱなしで寝ないと眠れません。
さっき窓を開けると、外は室温と同じくらいですが湿度が高くてすぐに窓を閉めてしまいました。

今週はオリンピック連休がありますが、それまでは月山の写真です。
今回の月山は避暑と久しぶりにチングルマを見たかったから行ってみたのでした。

姥沢の駐車場は車で1時間くらいで行ける場所ですが、県民夏旅キャンペーン5000円割引と2000円分のお買物券がもらえるので、結果 民宿程度の料金で泊まれるので宿泊しました。

が、夏山シーズンの週末なのにホテルはガラガラ。
東京の緊急事態宣言中で高速道の週末割引がないので、夏スキーに来る客が少ないのです。

暑い日差しの中、朝ゆっくりして8時半頃に宿を出ましたが、リフトへの坂道が年寄りには結構きつい、今回の散歩でここが一番きつかったかな。

月山リフトに乗る人は概ね4種類の目的の人がいて、月山山頂を目指す人、山頂を避けて姥が岳や牛首などのトレッキングをする人、夏スキー目的の人、そして自分のようにリフト上駅付近の散歩をして夏山の景観を楽しむ人に分けられます。

山頂を目指す人は昼過ぎには下山するので、もうこの時間には大方リフトに乗っています。
まず一枚目は夏空のリフト下駅への坂道です。
P7180020 (2)
 [リフトへの坂道]

今、月山では高山植物の花盛り。
リフトの足元にはニッコウキスゲをはじめとするいろいろな花が咲いています。
P7180030 (2)
 [足元の花]

上駅に着くと素晴らしい景色が待っています。
月山は冬は雪が多すぎて滑れないので、GW過ぎからスキーシーズンが始まりますが、夏スキーと言っても今ではほとんどがボードに乗る人ばかりで、スキーを担いでいる人は今回は一人も見ませんでした。

雪渓を歩く人とボードで滑る人たちが遠くに見えています。
全部クリックしてど~ぞ!
P7180055 (2)
 [雪渓]


2021年07月18日

標高1160mの地でも避暑できず

週末の山形市は37度近くの猛暑日で、こりゃぁたまらんと、月山に避暑に行ってみたのですが。
泊ったのは車で行ける最高標高地点1160mの姥沢駐車場近くの宿泊施設です。

万年雪が近くに見えるので、朝夕は寒いくらいかもと長袖Yシャツやウインドブレーカーも用意して行ったのですが、暑くて避暑になりません。
まさか短パンが必要とは思わなかったので、用意していませんでした。
山のホテルは大抵暖房設備は充実していますが、冷房設備などないのであります。

姥沢の駐車場からは月山山頂付近の岩場と万年雪が見えます。
P7170001
 [万年雪]

夜になってようやく涼しくなって、19時15分頃の食後に外に出てみたらちょうど太陽が山際に沈んだ直後でした。
あと15分くらいすると空一面が群青色に変わるゴールデンタイムになるのですが、その空の下で撮る物がないので一旦部屋に戻って、さらにその一時間後、また外に出てみると夏の星座が一面に広がっています。

さらに朝3時頃に目が覚めて、部屋の網戸を空けて空を見ると、満天の星。
南こうせつの「満天の星」が思わず口から出てしまいます。

満天の星は上手く撮る技術がないので、2枚目の写真はゴールデンタイム直前の写真です。
全部クリックしてど~ぞ!
P7170019
 [日没直後]


2021年07月17日

梅雨明け 夏到来 気温も車もオーバーヒート

昨日、梅雨が明けました。
暦の上での夏ではなくて、本物の真夏。
去年の梅雨明けは8月2日なので、今年の夏は去年よりも2週間以上長くなります。

気温も一気に34度まで上がってヒートアップ。
ついでに自分の車もオーバーヒートで故障してしまったのです。

街の中を走行中に、急にオーバーヒートマークが出て、何とかディーラーまでたどり着いて診てもらったら、ファンが壊れて回っていないそうであります。
まだ24000㌔しか走っていないのにこれじゃ困ったもんだ。

実は急に暑くなったので、今日の午後から月山に行って、車で行ける最終到達地点のホテルに泊まるのです。
いやぁ、山の中や高速道走行中に故障しなくてよかったよかった。
危機一髪でした。
しょうがないので、代車で行きますわ。

梅雨が明けて、我が家の向かいの中学校のグランドで、生徒たちの元気な声。
夏到来をクリックしてど~ぞ!
P7160019 (2)
 [夏到来]





urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2021年07月16日

あー夏休み の鉄分不足

明日から34~36度の日がしばらく続きそうで、まさに「あ~夏休み」とか「世界で一番暑い夏」など夏の歌をを大音量で聞きたくなってしまいそうです。
が、東京は新規陽性者がまた1000人を超えてきて、またまたしばらく行くことができません。

撮り鉄もしていないし鉄分不足、過去写真をながめていたら2年前の8月は江ノ電の乗り鉄撮り鉄。
湘南の夏の空、汗をかきながらこんな写真をまた撮りたいものですな。
2年前の夏空をクリックしてど~ぞ!
P8250108 (2)
 [湘南]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2021年07月15日

いよいよ夏本番でビールが美味い 京都老舗の内と外

どうも自宅のPCの調子が悪くて、文字の変換にぐずってしまって、昨日の記事のタイトルもおかしくなってしまいました。

まあそれは差し置いて、詳しく調べてもいないのですが、あと一週間くらいで東京五輪が始まるのですね。
一週間後からオリンピック連休になるので、そうじゃないのかなと思っただけです。

今日からしばらくは晴れマークと気温の急上昇が続くようで、今年の夏本番が始まるようです。
だから何なんだというと、特に普段の生活に変わりはないのですが、週末にどこか行こうか考えていたのですが、34度35度では家に籠っていた方が良さそうです。

いや、やっぱり出かけたいのですよ。
避暑には海よりも山の方が涼しそうで、月山の標高の高い場所に泊まろうか悩んでいます。

さて暑くなればビールが美味い。
そういえば京都三条大橋のたもとには老舗の渋いお店がいろいろあって、今日の写真は明治38年開業のあられとおかきの店。
通りから見るとショーケースが渋いけれど、ビールが飲みたくなるのです。
P6180132 (2)
[老舗のおかき]

店の中から外を見ると、この辺は京都の中心部なのに地元の自転車の人が結構多いのです。
向かい側から四条の方へと飲み屋さんが続くので、観光客は皆そちらへ流れます。
全部クリックしてど~ぞ!
P6180146 (2)
 [店内]

urutorahurosu at 06:38|PermalinkComments(0)ディープな京都 

2021年07月14日

あじさい参道ひがしのはずれから

昨日は午後休み。
雨が降ったり止んだりで、日が差した時に西の空を見たら雨雲で曇っていたので、雨のあじさい参道はどうかなと、盆地の東の端から西の端まで車で20分ほどかけて行ってみました。

記録写真を見ると、3年前に行った時以来でした。
いつもは早朝の人のほとんどいない時間帯に行くのですが、今回は平日の午後ながら駐車場には車が15台くらい駐車。

まあ、写真にするよりは目に焼き付ける方がいいかもしれません。
大体撮る構図が決まっているので、これ以上の写真は撮れません。
P7130001s
 [あじさい参道]

一部、紫陽花の後ろにささやかな竹林もあったりして、でもこの程度の写真。
P7130011 (2)
 [竹林]

参道には小さな石仏と、手前に一輪の花。
花だけ揺らして、はい パチリ。
昨日の一枚でした。

たった15分くらいの滞在で、帰る頃になって雨が降ってきたけど、雑用があるのでさっさと撤収。
全部クリックしてど~ぞ!
P7130007 (2)
 [石仏]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)写真の話 

2021年07月13日

今年の梅雨明けは早いかもしれないな

天気予報だからあてにはならないのだけれど、今年の山形の梅雨明けは早いのかもしれません。
例年の梅雨明けは7月24日、自分が子供の頃はほぼこの辺で、毎年夏休みが始まるとカ~ッと暑くなった記憶があります。
因みに去年の山形の梅雨明けは8月2日、ここで梅雨明けしても短い夏になってしまうわけであります。

今年は例年よりも早くなるのは間違いなさそうで、下手すると今週後半に梅雨明けしそうな週間天気予報ですが・・
今となってはもう少し雨の写真を撮りたかったのですが、東京には結局行けなかったし、地元では雨が降っても歩く人が少なくて写真になりません。

豪雨はいらないけれど、やさしい雨はもう少し降ってほしいのであります。
来週はオリンピックかぁ~、もう無関心ですな。
こんな写真をクリックしてど~ぞ!
P4040098 (3)
 [雨降り]

urutorahurosu at 06:59|PermalinkComments(0)めぐる季節